[galleryhu.com][256]Color-on-Kraft-1277x1280.jpg
photo_50_50_001.PNG
photo_50_50_001.PNG
photo_50_50_001.PNG
photo_50_50_001.PNG

渡辺 崇 Takashi Watanabe

破草鞋 - hasoai-

2022.1.22 sat - 2.6 sun

11:00 – 18:00        月・火 / close


 自動車、建造物や看板など日常の何気ない街角の一場面が光と暗で描かれている。

 その作品は郷愁感や孤独感に満ちている。

 人を描かないことで人の生活を描き、明や動の人工物と対比して描かれた夜の 暗闇には田舎の自然、音、匂いを感じることができる。

 日本画の水干絵具、膠、土佐和紙を用いることによってざらっとした 生き物のような質感が生まれ、幻想的な時空間が生まれる。 どこかでみかけた風景や空気の記憶に懐かしさや安心感があると共に、 光や動きを描くことによって、渡辺崇は闇夜-暗の向こうにある物語をも描きだそうとしている。

profile 

1981 京都府に生まれる

 2006 金沢美術工芸大学 美術工芸学部 美術科 日本画 卒業
           「第60回岐阜県美術展」岐阜県美術館、岐阜 

            「第6回佐藤太清作品公募日本画の部」

               福知山市佐藤太清記          念美術館、京都 

2008 第19回上野の森美術館日本の自然を描く展 優秀賞 

            第4回トリエンナーレ豊橋星野眞吾賞展 

            審査員推奨「吉田俊英」

 2014 「渡辺崇 -轟轟 TODORO TODORO -展」GALERIE hu: 2021 「第8回トリエンナーレ豊橋星野眞吾賞展」豊橋市美術館、       

             愛知 (2005,2008,2011,2014)